エヒテルナッハの彩飾写本

− 西欧中世の書物文化をたずねて 

日本語版  定価 2,500円 (税別)

エヒテルナッハ修道院は、698年に英国から布教に訪れた聖ウィリブロード(658〜739)によって設立されました。多くの修道士たちが伝導のために大陸を訪れ、拠点となるし修道院を築きました。修道院で行われる宗教・教育活動には書物が必要でしたが、活版印刷が発明される以前の書物は子羊や子牛の皮を薄くなめした羊皮紙に手で筆書された写本でした。必要な書物を図書館に収蔵していくために、修道院には写字室が設けられ、専門技術を身につけた修道士たちが原典の筆写と校訂に勤しみました。写字生たちはテキストを正確に筆写するばかりでなく読みやすく書体をととのえ、無駄のないレイアウトを策定し、見出しやイニシャル、枠などで装飾し、時には挿絵を施しました。エヒテルナッハ写字生達は本展で展示されているような椅子にすわり、机に向かい、葦や水鳥の水切り羽を削ったペンを手にして幾世紀にも渡って黙々と仕事を続け、11世紀には金銀と華麗な彩飾をほどこした写本の最高峰『黄金福音書』を生み出しました。1794年フランス革命軍が迫ってきた時に、ベネディクト派の修道僧達は修道院から逃れましたが、彼らが持ち出せたのはほんの僅かで、貴重な写本の数々は永遠に失われました。これがエヒテルナッハ写字室・図書室の最後でした。現存する写本はかつて制作されたものの一部分にすぎませんが、大切に守り伝えられ、その大部分は1000年もの時間が経過したとは思えないほど保存の状態は良好です。エヒテルナッハで作成された書物は現在、パリ、ロンドン、ブレーメン、ニュンベルク、ウプサラ、エル・エスコリアルに保管されています。2006年11月から2007年2月まで修道院美術館所蔵の『黄金福音書』之写本(ファクシミレ版)及び写本装丁本(ファクシミレ版)が、在日ルクセンブルグ大使館後援により京都の観峰美術館で日本で初めて展示公開されました。

The Echternach Manuscripts

English Subtitles ¥2,500 (without tax)

Exploring Medieval European Culture of Books

The Abbey of Echternach was founded in 698 by St. Willibrord (658-739) who had come from England as a missionary. Books and other written materials were essential to the religious and educational activities of the abbey. Before the invention of printing with moveable type, these materials had to be copied by hand on parchment made from the thinned hides of calves or young goats. A scriptorium was set up in the abbey to provide the materials to stock the abbey's library, and specially trained monks labored there to copy original documents and proof their work. The copyists not only had to copy each text accurately, they also had to devise fonts that were easy to read, design efficient layouts, decorate the texts with headlines, initials, and dividing lines, and at times add illustrations. For centuries, the copyists at Echternach sat at desks on chairs like that displayed in this exhibition, took up pens made from sharpened reeds or feathers and silently did their work, in the eleventh century giving birth to the Golden Gospels or Codex Aureus, the pinnacle of the copyists art with its lush decoration in gold, silver and colors. In 1794, as the French revolutionary army approached, Benedictine monks fled the monastery and carried with them only a small number of items, which they had been able to hide in safe locations. As a result, the rest of considerable number of precious manuscripts were lost forever. This spelled the end of the Echternach scriptorium and library. Today only a fraction of the manuscripts they penned still survive, which have been carefully protected and preserved,in Paris, London, Bremen,Neremberg, Upsala, and EI Escorial in Spain in almost unbelievably good condition despite the passage of over ten centuries.